滋賀県立美術館 Shiga Museum of Art

10/27
本日開館
本日開館
10/27
9:30〜17:00
ホーム >コレクション紹介 > 地猛星神火将

地猛星神火将

白髪一雄(1924-2008)

作品解説

今日では国際的に広く知られるようになった前衛美術グループ「具体美術協会」は、「人のまねをするな。誰もしたことのないことをしろ」を合言葉に、1950年代から1960年代にかけて、新しい素材や技法に挑戦しエネルギッシュで破天荒な作品を次々と生み出しました。代表作家のひとり白髪一雄は、床に広げたカンヴァスの上に乗り、上から吊した紐につかまりながら足を使って絵の具の上を滑るように描くという技法でダイナミックな作品を生み出しました。本作は中国四大奇書のひとつ「水滸伝」をモチーフにした連作の一点で、赤を基調とした荒々しい表現で、火攻めを得意として神火将と呼ばれた赤装束の豪傑・魏定国を表現しています。

作品データ

1960年(昭和35年)
油彩・カンヴァス
194.0×130.7cm