滋賀県立美術館 Shiga Museum of Art

7/26
本日閉館
本日閉館
7/26
ホーム > 展覧会 > 今後の展覧会 > 野口謙蔵生誕120年展

常設展

野口謙蔵生誕120年展

会期 2021年12月7日(火)〜2022年2月20日(日)

野口謙蔵《五月の風景》1934年 滋賀県立美術館蔵

開催概要

滋賀県蒲生郡(現・東近江市)出身の野口謙蔵(1901-1944)は、東京美術学校(現・東京藝術大学)で洋画を修めると故郷に戻りますが、その作品には時に「近江野謙(おうみのけん)」とサインするほど、終生近江の風景を愛し、描き続けました。生誕120年の節目にあたり、本展では収蔵品と地域に伝わる関連資料を中心に紹介します。

会期

2021年12月7日(火)〜2022年2月20日(日)
※年末年始休館を挟みます

休館日

毎週月曜日(祝日の場合は開館し、翌日が休館)

※年末年始(12月23日〜1月7日)は休館

観覧料

一般/540円(430円)
高校・大学生/320円(260円)

※( )は20名以上の団体料金

※中学生以下、県内居住の65歳以上、身体障害者手帳をお持ちの方は無料