滋賀県立美術館 Shiga Museum of Art

9/19
本日開館
本日開館
9/19
9:30〜17:00
ホーム > 展覧会 > 過去の展覧会 > 生誕100年特別展 白洲正子 神と仏、自然への祈り

企画展

生誕100年特別展 白洲正子 神と仏、自然への祈り

会期 2010年10月19日~2010年11月21日

開催概要

滋賀県立近代美術館では平成22(2010)年10月19日(火)から11月21日(日)まで企画展「生誕100年特別展『白洲正子 神と仏、自然への祈り』」を開催します。生誕100年で13回忌にあたるこの年に、随筆家・白洲正子が執筆した随筆の中で触れている、神・仏像や絵画の名作を中心に展示し、季節感あふれる映像を交えて、美意識あふれる彼女の世界を紹介します。

白洲正子(1910-98)は、明治43年に樺山伯爵家の次女として生まれ、幼少より英才教育を受けて、能をはじめとする伝統文化に興味を持ちました。昭和4(1929)年に白洲次郎と結婚、後に評論家の青山二郎や小林秀雄と交友を持ち、古美術や骨董の世界に開眼しました。

特に、各地の寺社を訪れて、日本の伝統的な美意識と神観念、仏教との関係などを探求し、『かくれ里』や『近江山河抄』などの紀行文を中心としたもの、『十一面観音巡礼』や『西国巡礼』など紀行文とともに各地の仏像などを関連づけて述べた著作などを残し、高い評価を受けるとともに、今もその生き方に憧憬の眼差しを向ける人々が多いことで知られています。

今回の展覧会では、白洲正子の著作のなかで紹介された、国宝や重要文化財を含む、仏教美術や絵画などの作品を中心に、彼女が探求した神仏観と美意識など、美しいものを愛おしむ世界観を再検証いたします。

人々の営みを描いた風俗画や、自然の移ろいを描いた四季山水図などから、日本美術の魅力を見つめ直す貴重な機会となることでしょう。芸術の秋の第一陣の展覧会にふさわしい、日本美術の名品の数々をご覧いただける展覧会です。この機会に、皆様お誘い合わせの上、ぜひご覧ください。

会期

2010年 10月19日(火)-11月21日(日)

休館日

毎週月曜日

観覧料

一 般 950円(750円) 高大生 650円(500円) 小中生 450円(350円)
( )内は前売および20名以上の団体料金
ローソンチケットでお買い求めの前売券は、当館総合受付(チケットカウンター)にて観覧券とお引き換え下さい。

出品予定作品

重要文化財 木造毘沙門天立像 栗東市・金勝寺
重要文化財 桑実寺縁起 近江八幡市・桑実寺 など  計 約60点

出品リスト

ここからPDFをダウンロードして下さい。

会期中の催し

■ 講演会「白州正子 神と仏、自然への祈り」
日 時 10月31日(日) 15時00分より(14時45分開場)
講 師 随筆家 白洲信哉 氏
会 場 当館講堂(聴講無料)
定 員 170名 14時にエントランスロビーで整理券を配付します
※ 終了後にサイン会を行います。ただし白洲信哉氏の著書「白洲正子 祈りの道」「かたじけなさに涙こぼるる」および「白洲正子 神と仏、自然への祈り」展図録へのサインに限られます。

■ 日曜美術鑑賞会「白洲正子の著作と展覧会の出品作品」
日 時 11月14日(日) 13時30分より
講 師 学芸課長 高梨純次
会 場 本館講堂(参加無料)

主催

滋賀県立近代美術館、NHK大津放送局、NHKプラネット近畿、京都新聞社

後援

滋賀県教育委員会、BBCびわ湖放送

協賛

三井住友海上

企画協力

NHKプロモーション

学術監修

有賀祥隆(東北大学名誉教授)