滋賀県立美術館 Shiga Museum of Art

9/22
本日開館
本日開館
9/22
9:30〜17:00
ホーム > 展覧会 > 過去の展覧会 > -松園・遊亀・不矩- 松園賞・文化勲章受章の女流日本画家たち

企画展

-松園・遊亀・不矩- 松園賞・文化勲章受章の女流日本画家たち

会期 2007年04月21日~2007年06月03日

開催概要

近代日本の歩みの中で、美術制度が整えられ、女性も画家としての社会的地位が認められるようになった。なかでも特筆すべきは、戦後女性で初めて文化勲章を受章した上村松園である。昭和24年(1949)に松園は世を去り、その遺作展の収益を基金に若手女流日本画家を対象に「上村松園賞」が設けられた。6年に渉り5人に授与されたが、このうち秋野不矩・小倉遊亀の2人はまた松園に続いて文化勲章を受け、鮮やかな足跡を残している。
遊亀は長年日本美術院の看板画家として活躍し、理事長も歴任した。不矩は創造美術の創立会員として、現在の創画会の礎を築いた。彼女らの魅力は何よりも、壮大で懐の深い、その絵画世界にある。
本展は松園・遊亀・不矩、3人の女性画家の轍を作品でたどり、彼女ら独自のスタイルの確立とその波紋を、近代日本美術が発展する文脈の中に読みとることを試みた。

会場

企画展示室1・2

関連行事

○講演会
日時:平成19年5月13日(日)   於:講堂
講師:上村淳之(日本芸術院会員、財団法人松伯美術館長、京都市学校歴史博物館館長)
○日曜美術鑑賞会
日時:平成19年4月29日(日) 於:講堂
講師: 國賀由美子(本館主任学芸員)
○体験講座 「日本画描写の基礎-自画像を描く-」
日時:平成19年5月20日(日)   於:教養室
講師:垣見真由美(日本画家 京都日本画研究会所属)
解説:國賀由美子

図録

297×225mm、148ページ
編集:滋賀県立近代美術館
発行:滋賀県立近代美術館、京都新聞社
内容:○論文:「近代の女流日本画家-松園・遊亀・不矩」 國賀由美子
○章立て作家、作品解説:國賀由美子   ○年譜:國賀由美子   ○出品目録

新聞関連記事

京都新聞 平成19年4月17日(朝刊)  「本展特集誌面」 國賀由美子
京都新聞 平成19年4月22日(朝刊)  「松園・遊亀・不矩の3作家展」
京都新聞 平成19年5月12日(朝刊)  「いのちへのまなざし輝く」 太田垣實
京都新聞 平成19年5月14日(朝刊)  「精神に迫る松園の絵画 孫の上村淳之氏が講演」
日経新聞 平成19年5月24日(夕刊)  「女性日本画家 美の競演 自由な意志作品に宿る」 関優子
朝日新聞 平成19年5月10日(朝刊)  「女流日本画家 3人が競演感動と苦闘」 鶴谷真
朝日新聞 平成19年5月1日(朝刊)  「3巨匠の作品一堂に」

主催

滋賀県立近代美術館、京都新聞社

後援

滋賀県教育委員会、NHK大津放送局

協力

財団法人松伯美術館、浜松市秋野不矩美術館