滋賀県立美術館 Shiga Museum of Art

9/22
本日開館
本日開館
9/22
9:30〜17:00
ホーム > 展覧会 > 過去の展覧会 > 風の画家 中島潔展 -日本のこころ・故郷のこころ-

企画展

風の画家 中島潔展 -日本のこころ・故郷のこころ-

会期 2002年02月23日~2002年03月31日

開催概要

中島潔(1943- )は、日本画・童画・イラストレーションの分野で高い人気を誇る作家である。佐賀県から高校卒業後上京し、働きながら独学で絵を学んだ中島は、1982年に「NHKみんなのうた」のイメージイラストを手がけたのがきっかけで、一躍全国的に注目を浴びるようになった。彼が優しい色使いで描きだす、移り行く日本の四季の風景と、その中を無邪気に遊ぶ幼い子供たちの姿には、切ないばかりに強烈な画家の望郷の念と、母親への思慕の念が投影されている。日本画の伝統的な語彙を用いながら、アニメやコンピュータグラフィックスにも通じる、斬新な意匠と空間処理が生み出す独自のモダンな表現は、従来の日本画にはない世界を切り拓いたものと言えるだろう。また童画だけでなく、1998年には男女間の情念をテーマにした「源氏物語五十四帖」を発表し、大きな話題を振りまいた。今回の展覧会では、「日本のこころ・故郷のこころ」をテーマに、童画・女性画の代表作129点を展示した。なお本展は、東京・目黒雅叙園美術館、佐賀県立美術館、熊谷・八木橋百貨店、清水市・日本平美術館、長崎大丸、北九州市立美術館、山形美術館、高知大丸、当館ほかを巡回した。

会場

企画展示室1・2

関連行事

○日曜美術鑑賞会(展示品解説)
   平成14年3月1日(日)  於:講堂
   講師:平田健生(当館主任学芸員)
中島潔 トーク・ショー&サイン会
   平成14年3月10日(日)  於:講堂
   講師:中島潔
ワークショップ 「親子で作ろう懐かしの玩具」
   江戸時代から伝わる3種類の玩具(ズボンボ、ご来迎、昇り龍)の制作
   平成14年3月21日(木・祝)・24日(日)・31日(日)  於:教養室
   定員:5歳~小4程度の親子、各回10組
   講師:平田健生(当館主任学芸員)、美術館サポーター 

図録(共通版)

303×230mm、148ページ(カラー作品図版129点)
編集・発行:株式会社創造教育センター
内容:○論文:「風の色-中島潔の世界」(村田慶之輔)
    ○作者のことば   ○略年譜   ○出版物目録

主催

滋賀県立近代美術館

後援

NHK大津放送局

協力

株式会社創造教育センタ-