滋賀県立美術館 Shiga Museum of Art

9/22
本日開館
本日開館
9/22
9:30〜17:00
ホーム > 展覧会 > 過去の展覧会 > アートベンチャー冒険美術III -水のいたずら-

企画展

アートベンチャー冒険美術III -水のいたずら-

会期 1997年07月05日~1997年08月17日

開催概要

展覧会による美術入門編『アートベンチャー 冒険美術』の第3回展。これまでの“森”“大地”に引き続き、今回は“水”をテーマにして、水と美術と人間との関わりを様々な角度から紹介した。第1部《素材としての水》では、流れる・しみる・はねあがる、といった絵具の液体としての性質に着目し、それらの性質を活用した作品と、画材の実物展示などを行った。第2部《モチーフとしての水》では、無色透明でとらえどころのない水の姿を表現した作品を、反映・流れ・波などに分類して展示した。第3部《水のイメージ》では、人間と水との関わりを、生活や社会の中における水や、水に関わる神話・伝説などに枠を広げて紹介した。また液体の性質を利用した玩具等の展示や、水が持つヒーリング効果を体験するコーナー、参加型展示なども設けた。なお今回も、クイズ形式で作品を楽しむ「冒険ガイドブック」の無料配布を行った。

会場

企画展示室1・2

観覧者数

6,488人 (一日平均 171人、一日最高 331人)

関連行事

○子どものためのワークショップ 『びっくりミュージアム』
平成9年7月21日(月・祝)  定員30名  於:展示室・講堂
完成した作品は7月23日(水)~27日(日)の期間、美術館ギャラリーにおいて展示
○子どものためのミュージアム・オリエンテーリング 『水を探検しよう』
平成9年7月23日(水)、24日(木)  定員各20名  於:展示室・館内外各所
○ギャラリートークとワークショップによる 『おとなのための楽しい美術入門』
平成9年7月27日(日)、8月3日(日)  定員各20名  於:展示室・講堂
指導(いずれも):平田健生(当館学芸員)とボランティアスタッフ14名

図録

244×224mm、60ページ+切り貼り作業用カラー図版12ページ
(カラー作品図版52点、モノクロ作品図版7点)
編集・発行:滋賀県立近代美術館
文:平田健生   イラスト:佐々木まなび

冒険ガイドブック

210×148mm、24ページ
編集・発行:滋賀県立近代美術館

新聞関連記事

読売新聞 平成9年7月19日(夕刊)  紹介記事 「夏休みは《美術館の季節》」 木村未来
日本経済新聞 平成9年7月24日(夕刊)  紹介記事 「夏休み、美術館で遊ぼう」 笠島総一郎
京都新聞 平成9年8月9日(朝刊)  紹介記事 「親と子の美術展は今・・・①」 (太)

主催

滋賀県立近代美術館