滋賀県立美術館 Shiga Museum of Art

10/4
本日開館
本日開館
10/4
9:30〜17:00
ホーム > 展覧会 > 過去の展覧会 > 夏休み子ども美術館「カゲとカタチの大ぼうけん」

常設展1

夏休み子ども美術館「カゲとカタチの大ぼうけん」

会期 2015年06月30日~2015年08月30日

開催概要

滋賀県立近代美術館は、平成13 (2001)年度から毎年、常設展示を『夏休み子ども美術館』と名付け、子どもや初心者を対象に“美術入門編”的な展示を行っています。毎回特定のテーマを設け、問い掛けを含んだ解説パネルの設置や、クイズ形式のワークシートの無料配布、そして遊べるコーナーの開設などによって、誰でも気軽に美術館の展示品に親しむことができるよう工夫した展示となっています。
2015年の「夏休み子ども美術館」は「カゲとカタチの大ぼうけん!」と題し、今年は美術の基本要素である「光と色彩」「形態と構図」をテーマに開催します。
《かげの ある え、かげが ない え》《なんだか おかしな かげの せかい》《シルエットと みずに うつった かたち》《かたちが あわさり なにかが うまれる》《かくされた かたちを さがしてみよう》《えの 中の かくれた せん》などのコーナーにより、美術作品の中の光と影の効果やその意味、単純な形から複雑な造形への変貌など、美術のさまざまなトピックスに触れ、アートへの親しみを増していただくのが狙いです。

なお展示作品のひとつひとつには、それぞれ趣向を凝らしたクイズが設けられています。ただ作品を漫然と眺めるだけでなく、知的好奇心を刺激されながら様々な方向から作品を鑑賞することで、知らず知らずのうちに作品を観る目が育ってゆきます。

展示作品数は、現代美術部門29点、日本画・郷土美術部門22点。および併設の小倉遊亀コーナー(14点)と工芸展示コーナー(4点)を含めて、総展示点数は計69点(予定)となっています。作品展示の他に、カードで遊べるプレイコーナーも用意しています。

また会期中、展示に関連したワークショップイベントなどを多数開催いたします

作品リスト

会期

2015年06月30日~2015年08月30日

休館日

毎週月曜日 ただし7月20日(月・祝)は開館、翌21日(火)休館

観覧料

一般 500円(400円)
高大生 300円(240円)
小中生 無料

( )内は20名以上の団体料金

※ 企画展「“秘蔵”コレクションとの遭遇」「志村ふくみ展」の観覧券で『夏休み子ども美術館』もご覧いただけます。

主な展示作品

【現代美術】
フランク・ステラ「イズファハーン」、アントニ・タピエス「黒い空間」、ロバート・モリス「無題」、靉嘔「レインボー・ナイト」より、菅井汲「まるい森」、野村仁「正午のアナレマ」 ほか

【日本美術】
紀楳亭「夏山書屋図」、山元春挙「富士二題」、冨田溪仙「雲上鶴図」、池田遙邨「江州日吉神社」、沢宏靱「牟始風呂」、野口謙蔵「閑庭」、西内利夫「琵琶湖の仲間たち」より ほか

会期中の催し

会期中、子どもを対象としたさまざまなイベントを開催します。詳細は追ってお知らせします。

会場

滋賀県立美術館