滋賀県立美術館 Shiga Museum of Art

9/30
本日開館
本日開館
9/30
9:30〜17:00
ホーム > 展覧会 > 開催中の展覧会 > 郷土ゆかりの画家(油彩)

常設展

郷土ゆかりの画家(油彩)

会期 2022年7月23日(土)〜10月16日(日)

黒田重太郎《鏡の前の女 習作》 1915-17年 滋賀県立美術館蔵

開催概要

油彩画は地方で開催される講習会が普及の場となるため、地域性が出やすいジャンルです。「郷土滋賀県ゆかりの作品」という収集方針に基づき、滋賀県出身者、もしくは題材が滋賀県の作品の作品で構成された、当館の油彩画のコレクションを紹介します。

会期

2022年7月23日(土)〜10月16日(日)

休館日

毎週月曜日。ただし月曜日が祝日の場合は開館し、翌日火曜日が休館。
(9月19日(月)、10月10日(月)は開館し、9月20日(火)、10月11日(火)は休館。)

開館時間

9:30-17:00(入館は16:30まで)

会場

滋賀県立美術館 展示室1

観覧料

一般/540円(430円)
高校・大学生/320円(260円)

※( )は20名以上の団体料金
※常設展のチケットで展示室1、小倉遊亀コーナー、展示室2を観覧可
※中学生以下、県内居住の65歳以上、身体障害者手帳をお持ちの方は無料

毎週日曜日は「木の家専門店 谷口工務店フリーサンデー」!
常設展示をどなたでも無料で観覧いただけます

主催

滋賀県立美術館

出品作品リスト

ダウンロード(308KB)