滋賀県立美術館 Shiga Museum of Art

10/27
本日開館
本日開館
10/27
9:30〜17:00
ホーム >コレクション紹介 > 空間の鳥

空間の鳥

コンスタンティン・ブランクーシ(1876-1957)

作品解説

「あなたが魚を眺める時、いちいちその鱗にまで注意を払うだろうか。いやあなたが考えるのは、水面下を泳ぐその動き、なめらかな身体のきらめきだけだ。私が表現したいものはこれなのだ。」ルーマニア出身の彫刻家、コンスタンティン・ブランクーシの言葉です。彼は「形態の背後にある本質のみを表現」するため、余分な要素を全てそぎ落とした極端にシンプルな造形を開拓し、現代彫刻の基礎を築きました。本作では、鳥の「空を飛ぶ」という特性だけを表現しようとした結果、頭も翼もない、ただ天上目がけて果てしなく上昇してゆくかのような美しい流線型のかたちだけが残りました。

作品データ

1926年(1982年鋳造)
ブロンズ、大理石、石
本体:高さ135.0 cm 台座:高さ149.2 cm