滋賀県立美術館 Shiga Museum of Art

5/26
本日開館
本日開館
5/26
9:30〜17:00
ホーム > イベント > 【開催延期】たいけんびじゅつかんwithやまなみ工房

開催延期 たいけんびじゅつかん

【開催延期】たいけんびじゅつかんwithやまなみ工房

会期 2022年3月12日(土)

開催概要

時期未定で開催を延期いたします。

やまなみ工房の作家吉田楓馬さんと一緒にものづくりをしよう!!
古着を1〜2枚使って、絵の具を塗ったり、切ったりして作品として生まれ変わらせるよ。
1月22日(土)より開催する「人間の才能 生みだすことと生きること」展では福祉事業所「やまなみ工房」に所属する作家さん(井村ももか、鵜飼結一朗、上土橋勇樹)の作品が多く展示されます。
実際に創作活動が活発に行われている「やまなみ工房」(滋賀県甲賀市)に行って作家さんと一緒にものづくりをしてみよう!
美術館で開催するワークショップとはまた違った空間でのものづくりです。どんな作品ができるかな?!

※新型コロナウィルス感染拡大防止対策には万全を期して開催の予定ですが、今後の感染拡大の状況によっては、開催を中止させて頂くことがあります。

昼食に「やまなみ工房」のカフェをご利用の場合は、ワークショップ申し込み時の申込フォームまたは往復はがきでご予約をお願いします。
カフェ デベッソ TEL:0748-86-0334
http://cafedebesso.com

昼食をご持参される場合は「やまなみ工房」4階のフリースペースをご利用いただけます。

※美術館事業の記録のため、当日は撮影が入ります。予めご了承ください。

日時

2022年3月12日(土) 予定
11:00〜15:30

会場

やまなみ工房
(滋賀県甲賀市甲南町葛木872)

※施設での現地集合となります。

アクセス

やまなみ工房ホームページよりご確認ください。
こちら

対象

小・中学生とその保護者(要事前申込)

定員

10名

参加費

500円

申込締切

お申込みは新型コロナ感染症拡大の状況を判断した上で、再度アナウンスさせていただきます。

プロフィール

profile_yoshidafuma

吉田 楓馬

1994年生まれ 滋賀県在住 2016年よりやまなみ工房に所属 彼が描いているのは彼の世界に生息している生物や世界の風景を切り取ったものが中心となっている。その画風は自身の感情や環境の変化によって異なり、感情に任せて描くものや、意識的に世界観を表出するものと様々である。 共通しているのは、それぞれに描かれている『目』が大きな意味を持っているということだ。 例えば彼が生物図鑑のようなものだと語る作品は、目から描き始めそれが卵のような役割を担っている。目から生まれた生物たちは描かれる途中で形を変え、彼が最初にイメージしたものとは全く違うものが生まれることもあるという。また、物語のひとつの場面のような絵画は自身の感情や描いている時の不安感など負の感情が表出されているようである。画面に円を描いてあるような作品は、感情を主に題材としており、描かれた円は目や心臓や脳などの人間の重要な器官を表現している。