滋賀県立美術館 Shiga Museum of Art

9/19
本日開館
本日開館
9/19
9:30〜17:00
ホーム > 展覧会 > 過去の展覧会 > モーリス・ルイス展

企画展

モーリス・ルイス展

会期 1986年09月13日~1986年10月19日

開催概要

アメリカ抽象絵画を代表する一人であるモーリス・ルイスのわが国で初の回顧展であり、当館の自主企画として開催された。彼は1950年代ニューヨークを中心として起った抽象表現主義のうち、バーネット・ニューマン、マーク・ロスコらのカラー・フィールド・ペインティング(色面絵画)の流れをくむ、色彩抽象の作家とみなされるが、独自に開発したステイニング(染めこみ)と呼ばれる技法によって、色彩を自立的な存在としてとらえ、それ自体の多様な展開を前面に押し出した絵画を制作した。
ルイスの代表作には3つの異なるタイプ(ベール絵画、拡がりの絵画、ストライプ絵画)があるが、展覧会にはこれら3つのタイプからそれぞれ選ばれた色彩絵画16点と、1953年以前に描かれ、その後の絵画の展開を暗示するドローイング30点によって、ルイス個人の業績と、彼が身を置いた1950年代のアメリカ抽象美術を検証しようとするものであった。

会場

企画展示室1・2

観覧者数

6,432人 (一日平均 201人、一日最高 530人

関連行事

○講演会 「モーリス・ルイスの芸術」
昭和61年9月14日(日)  於:講堂
講師:アンドレ・エメリック(通訳:谷里香)

図録

240×255mm、82ページ(カラー作品図版16点、モノクロ作品図版30点、モノクロポートレイト、参考図版等10点)
編集・発行:滋賀県立近代美術館
内容:○論文 「モーリス・ルイスの絵画」 乾 由明、「モーリス・ルイスのドローイング」 ダイアン・アップライト
(小林昌夫訳)、「モーリス・ルイスとヨーロッパ美術」 尾野正晴
○年譜  ○展覧会歴  ○文献

新聞関連記事

読売新聞 昭和61年8月27日(夕刊)  「独自の色彩抽象絵画:モーリス・ルイス展」 小林昌夫
奈良新聞 昭和61年10月10日  「美術批評」 小池重二
信濃毎日新聞 昭和61年10月13日  「美・私の一点、モーリス・ルイス(Delta Phi)」 村上三郎

雑誌関連記事

美術手帖 昭和61年10月号(No.569)  「展覧会:モーリス・ルイス、創造への解体」 三井滉

主催

滋賀県立近代美術館

後援

アメリカ大使館