滋賀県立美術館 Shiga Museum of Art

9/22
本日開館
本日開館
9/22
9:30〜17:00
ホーム > 展覧会 > 過去の展覧会 > 16・17世紀 近江の大画 -華麗なる障屏画の世界-

企画展

16・17世紀 近江の大画 -華麗なる障屏画の世界-

会期 1991年09月14日~1991年11月04日

開催概要

戦国の動乱期から統一政権の成立をみる16、17世紀における、近江に描かれた障屏画という大画面の作品52件を展示・公開し、日本の美術史を考えるに際して重要な時期における、近江の絵画状況を考える一助とした。

会場

企画展示室1・2

観覧者数

11,815人 (一日平均 263人、一日最高 787人)

関連行事

○講演会 「近江の障屏画」
平成3年10月27日(日)  於:講堂
講師:武田恒夫(大阪大学名誉教授・大手前女子大学教授)
○日曜美術鑑賞会
平成3年9月29日(日)  於:講堂
講師:高梨純次(当館学芸員)

図録

240×250mm、152ページ(カラー作品図版94点、モノクロ挿図171点)
編集・発行:滋賀県立近代美術館・京都新聞社
内容:○論文:「近江の障屏画」 武田恒夫、「十六・十七世紀の日本絵画の流れ」 橋本綾子、「絵画の背後にあるもの」
狩野博幸、「十六・十七世紀のイタリアの壁画とイリュージョニズム」 占部敏子
○作品解説:石丸正運、高梨純次、岩田由美子、河合正都
○略年表:高梨純次編
○The List of Exhibits:平田健生、高橋佐智子

主催

滋賀県立近代美術館、京都新聞社