滋賀県立美術館 Shiga Museum of Art

9/22
本日開館
本日開館
9/22
9:30〜17:00
ホーム > 展覧会 > 過去の展覧会 > 襖と屏風 -暮らしを彩る大画面の美-

企画展

襖と屏風 -暮らしを彩る大画面の美-

会期 2011年02月19日~2011年04月10日

開催概要

日本の絵画は、欧米の絵画以上に建築と密接な関係をもち、発展を遂げてきました。平安時代には、寝殿造が建築の特徴としてあげられますが、部屋の仕切りがない広い空間の中で、高位の人々は居所に襖や屏風、衝立障子などを立て廻らせ、間仕切りの道具としていました。ここには和歌や漢詩にもとづく絵画が描かれ、以降日本独自の絵画スタイルが展開することになります。特に江戸時代後期には、襖や屏風に描かれた絵画は庶民の暮らしにもなじみ深いものとなっていました。しかし、マンション住まいの人も多い現代では、これらは日常の生活から乖離してしまったといえましょう。

今回の展覧会では、当館の館蔵品から、まずは襖や屏風のさまざまなかたちを紹介し、ついで江戸時代から近代に及ぶ、これらの様相を概観します。近代に入って以降、大画面絵画である屏風は、それまでの座敷の美から展覧会芸術の華となり、その醍醐味を見せてくれます。

この展覧会が、暮らしとともにあって身近に大切にされてきた文化財である絵画作品を、もう一度見つめ直す機会となれば幸いです。

会期

2011年 2月19日(土)-4月10日(日)

休館日

毎週月曜日 ただし3月21日の祝日は開館。 翌3月22日(火)は休館

観覧料

一 般 750円(550円) 高大生 500円(400円) 小中生 300円(250円)
( )内は前売および20名以上の団体料金
ローソンチケットでお買い求めの前売券は、当館総合受付(チケットカウンター)にて観覧券とお引き換え下さい。
ローソンチケットLコード/(59606)

出品予定作品

江戸時代から昭和期までの、襖、屏風装による日本画作品。大画面作品ばかりのため、展示件数は約25件。

会期中の催し

詳細は各イベントのタイトルをクリックして下さい。

■ ギャラリートーク(展覧会場における作品解説)
日 時 2月19日(土)・2月20日(日)・3月6日(日) 13時より13時45分まで   
講 師 國賀由美子(当館主任学芸員)

■ 体験講座・美術館で屏風に親しむ(高校生以上対象、事前申込制)
日 時 2月26日(土) 14時より16時まで        
会 場 当館ワークショップルームほか
講 師 國賀由美子(当館主任学芸員)

■ たいけんびじゅつかん・大画面に描こう(小中学生とその保護者対象、事前申込制)
日 時 3月20日(日) 13時30分より16時30分まで       
会 場 当館ワークショップルーム  

■ 大人のためのワークショップ・扇子に描く(高校生以上対象、事前申込制、要材料費)
日 時 3月12日(土) 13時より16時まで         
会 場 当館ワークショップルーム
講 師 安井直子(当館嘱託員)  

■ 名画でびっくりコラージュ・・・浅井三姉妹キャラクターが応援に来館
日 時 3月27日(日) 10時より15時まで受付
会 場 当館エントランスホール   

■ 滋賀県立近代美術館友の会協賛事業 よし笛コンサート 
日 時 3月26日(土) 14時より15時まで
出 演 琵琶湖よし笛サークル・かいつぶり
会 場 当館講堂

★毎日、午後1時から美術館サポーターによるギャラリートークを行います。

主催

滋賀県立近代美術館、京都新聞社、BBCびわ湖放送

後援

滋賀県教育委員会