滋賀県立美術館 Shiga Museum of Art

9/22
本日開館
本日開館
9/22
9:30〜17:00
ホーム > 展覧会 > 過去の展覧会 > 開館25周年記念 collection+ 百花繚乱 郷土の美術  -工芸と洋画-

企画展

開館25周年記念 collection+ 百花繚乱 郷土の美術  -工芸と洋画-

会期 2009年06月13日~2009年07月12日

開催概要

開館25周年記念の館蔵品を中心とした〈collection+〉の第1弾として、工芸と洋画の優れた作品を展示します。
 「工芸と洋画」と並べてみると、全く関係性を感じられない方も多いのではないかと思いますが、この二つの弁別された分野の有り様こそが、近代日本の造型を規定し、現在に繋がる国の形を作り上げたといっても過言ではありません。ただし、今回の展示は、そのような大上段に構えたものではなく、4月からの〈森口華弘・邦彦展-父子、友禅人間国宝〉を引き継いで、人間国宝の工芸家清水卯一や志村ふくみの名作、また信楽焼の独特の作品などをお楽しみ頂きたいと思います。というのも、滋賀県には古代以来の優れた工芸作品、例えば長浜市・神照寺の国宝華籠や茶陶へと展開する信楽焼などが伝えられており、優れた造型感覚の伝統が継承されています。今回は、特別にこれら中世以来の金工品や陶器なども展示します。
 そのような優れた造型感覚と文化伝統は、新しい洋画の世界にも生かされてきます。故郷の蒲生野を描き続けた野口謙蔵の大作を中心として、洋画作品も見所いっぱいです。

展示内容

油彩画、陶芸・染織作品を中心とした工芸品など 約100点

関連行事

○滋賀県立近代美術館開館25周年記念 連続講演会 第1弾
   日時:平成21年6月14日(日) 午後2時~  於:講堂
   演題:小倉遊亀 その人と作品を語る
   講師:石丸正運(美術史家・元滋賀県立近代美術館長)
○たいけんびじゅつかん -染め物たいけん2-藍染めでつくろう アーチストとつくろう! 2009 第2弾
   日時:平成21年6月21日(日) 午後1時~4時  於:教養室など
   講師:今井誠志氏(染織作家)、高梨純次(当館学芸課長)
○日曜美術鑑賞会「近代美術と工芸・洋画」
   日時:平成21年6月28日(日) 午後1時30分~3時  於:講堂
   講師:高梨純次(当館学芸課長)
○美術館講座「復元模写に見る日本絵画の魅力」(成安造形大学との連携事業)
   日時:平成21年7月5日(日) 午前10時30分~午後3時(昼食休憩あり)  於:講堂
   講師:大野俊明氏(成安造形大学教授 日本画家)
      高梨純次(当館学芸課長)
○美術館サポーターによるギャラリートーク
   日時:平成21年6月13日(土)~7月12日(日) の毎日午後1時~

主催

滋賀県立近代美術館、京都新聞社

後援

滋賀県教育委員会、NHK大津放送局、BBCびわ湖放送