滋賀県立美術館 Shiga Museum of Art

9/22
本日開館
本日開館
9/22
9:30〜17:00
ホーム > 展覧会 > 過去の展覧会 > 慈覚大師円仁とその名宝 -仏教美術の名品から-

企画展

慈覚大師円仁とその名宝 -仏教美術の名品から-

会期 2007年08月11日~2007年09月24日

開催概要

慈覚大師円仁(794-864)は、下野国に生まれて出家した後、最澄の弟子として比叡山延暦寺で修行し、後に入唐して多くの経論図像などを請来、天台教学の基礎を築きあげた。この展覧会では、国宝・重要文化財を含む仏教美術の名品を展示・公開し、円仁の足跡とその成果としての優れた造形を展望した。
なお、この展覧会は、円仁に縁のある、栃木県立博物館・東北歴史博物館とともに開催した。

会場

企画展示室1・2

関連行事

○記念講演会 「慈覚大師円仁と天台の仏教美術」
日時:平成19年8月25日(土)
講師:有賀祥隆(東北大学名誉教授)
○特別講演 「天台声明 比叡山延暦寺」(美術館友の会協賛事業)
日時:平成19年9月9日(日)
○日曜美術鑑賞会
日時:平成19年9月2日(日)
解説:高梨純次(当館学芸課長)

図録

297×225mm、224ページ
編集・発行:NHKプロモーション
内容:○カラー図版・解説
○論文:「慈覚大師円仁と日本の仏教美術」 有賀祥隆、「最澄と円仁」 千田孝明、「入唐求法-危険を
冒す者とそれを助ける者-」 高梨純次、「古代東国の仏教文化-最澄・円仁と道忠教団-」
本国論、「東北地方の人々のための慈覚大師円仁(素描)」 政次浩
○資料(円仁関連年表・用語解説等)

新聞関連記事

日経新聞 平成19年8月25日(朝刊)  「滋賀で円仁の展覧会」 関優子
毎日新聞 平成19年8月31日(夕刊)  「慈覚大師展 大津で」 栗原俊雄
京都新聞 平成19年9月1日(朝刊)  「慈覚大師円仁とその名宝」 日下田貴政
毎日新聞 平成19年9月7日、14日(朝刊)  「アートの窓 慈覚大師円仁とその名宝」  (2回連載)  森田真潮

主催

滋賀県立近代美術館、NHK大津放送局、NHKきんきメディアプラン。

特別協力

天台宗・比叡山延暦寺

後援

文化庁、滋賀県教育委員会

協賛

日本写真印刷株式会社

制作協力

NHKプロモーション