滋賀県立美術館 Shiga Museum of Art

9/19
本日開館
本日開館
9/19
9:30〜17:00
ホーム > 展覧会 > 過去の展覧会 > 悠々と -小倉遊亀展- 人、花、こころ

企画展

悠々と -小倉遊亀展- 人、花、こころ

会期 2002年10月19日~2002年11月24日

開催概要

滋賀県大津出身で文化勲章受章者の女流日本画家小倉遊亀(1895-2000)の没後最初の大規模な回顧展で、当館と東京国立近代美術館とを巡回した。院展出品作を中心とした代表作のうち、1925年の《童女入浴》から1998年の《椿三題》までの85件を展示・公開し、偉大な画業の総体を回顧した。

会場

企画展示室1・2

関連行事

○講演会  「小倉遊亀の芸術-20世紀美術の中で」
平成14年10月20日(日)   於:講堂
古田亮(東京国立近代美術館主任研究官)
○日曜美術鑑賞会  「小倉遊亀の画業」
平成14年10月27日(日)   於:講堂
講師:岩田由美子

図録

280×213mm、224ページ(カラー図版:91点、モノクロ図版:147点)
編集・発行:東京国立近代美術館、滋賀県立近代美術館、朝日新聞社
内容:○小倉遊亀について  尾崎正明(東京国立近代美術館)
○戦後モダニズムの背景 -マチス、ピカソ、そして宗達  古田亮(東京国立近代美術館)
○小倉遊亀、画業形成期の画嚢について  岩田由美子

新聞関連記事

朝日新聞 平成14年10月15日(夕刊)   「小倉遊亀展 人、花、こころ」  田中三蔵
京都新聞 平成14年11月2日(朝刊) 「いのちを生き合う喜び 小倉遊亀展」 大田垣實
朝日新聞 平成14年11月8日(朝刊)  「清くあたたかな世界 小倉遊亀展」 岩田由美子
京都新聞 平成14年10月22日~30日(朝刊)
「小倉遊亀展から」 (5回連載) 尾崎正明、古田亮、岩田由美子、高梨純次

主催

滋賀県立近代美術館、東京国立近代美術館、朝日新聞社