5/21
9:30〜17:00
本日開館

滋賀県立美術館 Shiga Museum of Art

本日開館
5/21
9:30〜17:00

フリーワードで検索

ホーム>

常設展

見立ての美

会期 2023年11月23日(木・祝)〜12月20日(水)

開催概要

「見立て」は、わたしたちの日常のさまざまな場でみることができます。例えば、積み木遊び。四角や三角といった形の木片を組み合わせ、日常のあれこれに「見立て」て、遊びます。

「見立て」の基本的なプロセスは、何かを別の何かに擬(なぞら)えることです。

日本における「見立て」の歴史は古く、古事記にまで遡(さかのぼ)ることができると言われています。また、和歌や茶の湯、歌舞伎や落語、庭園などでも「見立て」は用いられてきました。日本文化において「見立て」は、独自の表現として根付いています。

この展示は、当館のコレクションを中心に、「見立て」の表現がみられる作品を通して、アートにおける「見立て」を再考するものです。日本の絵画、工芸、現代美術、それぞれの分野における、幅広い「見立て」の表現を楽しんでいただけますと幸いです。

会期

2023年11月23日(木・祝)〜12月20日(水)

休館日

毎週月曜日

開館時間

9:30-17:00(入場は16:30まで)

会場

滋賀県立美術館 展示室1

観覧料

一般/540円(430円)
高校・大学生/320円(260円)

※( )は20名以上の団体料金
※常設展のチケットで展示室1、小倉遊亀コーナー、展示室2を観覧可
※中学生以下、県内居住の65歳以上、身体障害者手帳等をお持ちの方は無料
◎毎週日曜日は「木の家専門店 谷口工務店フリーサンデー」
常設展示をどなたでも無料で観覧いただけます

主催

滋賀県立美術館

特別協力

滋賀県立琵琶湖文化館

作品リスト

PDFダウンロード(499KB)

キャプションデータ

PDFダウンロード(729KB)