5/21
9:30〜17:00
本日開館

滋賀県立美術館 Shiga Museum of Art

本日開館
5/21
9:30〜17:00

フリーワードで検索

ホーム>

開催中 常設展

近江商人のたからもの

会期 2024年4月20日(土)〜6月23日(日)

野口小蘋《楽器図》1862 (文久2)年 滋賀県立美術館蔵

開催概要

 江戸時代、近江国(現在の滋賀県)を拠点とし活躍した商人たちがいました。
近江商人と呼ばれるこの人々は、交通の要所であった近江国の地理的な利点を活かし、全国規模での商業活動を展開しました。そしてある程度の成功を収めると、地域の整備に協力したり、文化的な活動を支援したりと、築き上げた財産を社会のためになることに用いました。
近江国蒲生郡桜川村(現在の滋賀県東近江市綺田町)を本拠地とした野口家は、醸造業を営み、成功した近江商人です。江戸時代中期(18世紀初頭)から甲斐国甲府城下(現在の山梨県甲府市)に進出し、屋号は「十一屋」、代々の当主は忠蔵を名乗りました。その4代目忠蔵こと正忠(1822ー92)は特に文化的な活動を好んで行った人物として知られ、「柿邨」という号(本名とは別の風雅な名前)を持つほどでした。日根対山や冨岡鉄斎といった画家や当時の文化人たちを支援し、作品を収集。長男の正章には女性画家の野口小蘋が稼ぎ、夫婦の娘である小蕙も画家となりました。
 この度、滋賀県立美術館では、野口家に伝わる絵画、工芸作品など101件を令和4年(2022年)度にご寄贈頂きました。本展では、野口家ゆかりの画家である日根対山、野口小蘋、野口小蕙を中心に、寄贈作品の一部を初公開いたします。
近江商人が守り、伝えた貴重な「たからもの」をご覧ください。

会期

2024年4月20日(土)〜6月23日(日)

休館日

毎週月曜日(ただし休日の場合には開館し、翌日火曜日休館)

開館時間

9:30-17:00(入場は16:30まで)

会場

滋賀県立美術館 展示室1

観覧料

一般/540円(430円)
高校・大学生/320円(260円)

※( )は20名以上の団体料金
※常設展のチケットで展示室1、小倉遊亀コーナー、展示室2を観覧可
※中学生以下、県内居住の65歳以上、身体障害者手帳等をお持ちの方は無料
◎毎週日曜日は「木の家専門店 谷口工務店フリーサンデー」
常設展示をどなたでも無料で観覧いただけます

主催

滋賀県立美術館

作品リスト

作品リスト(和文)
List of Exhibits