滋賀県立美術館 Shiga Museum of Art

9/22
本日開館
本日開館
9/22
9:30〜17:00
ホーム > 展覧会 > 過去の展覧会 > 旅・詩・絵 -芭蕉と龍子と竹喬/山頭火と遥邨-

企画展

旅・詩・絵 -芭蕉と龍子と竹喬/山頭火と遥邨-

会期 1997年04月05日~1997年05月05日

開催概要

旅の中で俳句を詠んだ松尾芭蕉をテーマとして、優れた日本画を描いた川端龍子(かわばた・りゅうし)と小野竹喬(おの・ちっきょう)、放浪の俳人種田山頭火(たねだ・さんとうか)を連作として描いた池田遥邨(いけだ・ようそん)の作品により、文学と日本画の交流による叙情的な世界を主題とした展覧会。この3名の日本画の大家の作品44件を、展示・公開した。

会場

企画展示室1・2

観覧者数

9,124人 (一日平均 338人、一日最高 825人)

関連行事

○日曜美術鑑賞会
平成9年4月6日(日)  於:講堂
講師:高梨純次(当館学芸員)

図録

A4版、80ページ(カラー作品図版104点)
編集・発行:滋賀県立近代美術館、京都新聞社
内容:○論文:「旅・詩・絵-序にかえて」 石丸正運 等

主催

滋賀県立近代美術館、京都新聞社