5/21
9:30〜17:00
本日開館

滋賀県立美術館 Shiga Museum of Art

本日開館
5/21
9:30〜17:00

フリーワードで検索

ホーム>

常設展

SMoA コレクション−アール・ブリュット−

会期 2023年5月13日(土)〜6月18日(日)

塔本シスコ《長尾の田植風景》1971年、キャンバス、油彩

開催概要

「生(なま)の芸術」とも訳しうる「アール・ブリュット(Art Brut)」についての厳密な定義は難しいのですが、この言葉は、芸術の教育を受けていない人たちによって制作された独自の表現を指す概念として、1940年代にフランスの画家、ジャン・デュビュッフェによって提唱されました。
滋賀県立美術館は2016年より、収集方針に新たに「アール・ブリュット」を加え、既存の美術、芸術の枠組にとらわれないような独自の表現を行う人々の作品を収集してきました。
2023年(令和5)現在、当館では、「アール・ブリュット」作品として、194 件(購入69件、寄贈113件、寄託12件)の作品を収蔵しています。
今回の展覧会では、その中から昨年度に収集した岡﨑莉望、喜捨場盛也、塔本シスコの3名を含む11名37点の作品を紹介します。
 彼らの作品を通して、アカデミックな美術作品にとどまらない、表現の広がりと可能性を感じていただけたら幸いです。

会期

2023年5月13日(土)〜6月18日(日)

休館日

毎週月曜日

開館時間

9:30-17:00(入場は16:30まで)

会場

滋賀県立美術館 展示室2

観覧料

一般/540円(430円)
高校・大学生/320円(260円)

※( )は20名以上の団体料金
※常設展のチケットで展示室1、小倉遊亀コーナー、展示室2を観覧可
※中学生以下、県内居住の65歳以上、身体障害者手帳等をお持ちの方は無料
◎毎週日曜日は「木の家専門店 谷口工務店フリーサンデー」
常設展示をどなたでも無料で観覧いただけます

主催

滋賀県立美術館

作品リスト

ダウンロード(510KB)