7/20
9:30〜17:00
本日開館

滋賀県立美術館 Shiga Museum of Art

本日開館
7/20
9:30〜17:00

フリーワードで検索

ホーム>

常設展

さわるSMoAコレクション

会期 2023年10月7日(土)〜12月20日(水)

開催概要

 この展示は、見えない人、見えづらい人たちを含めた、いろいろな人に作品を鑑賞していただくために、美術館は何ができるかを考えるところから始めました。

 本展では、もっとも視覚的な表現とも言える絵画を取り上げます。
絵画を視覚以外でも鑑賞してもらえるよう、当館のコレクション作品を「触図(しょくず)」とともに展示します。       
 触図とは、視覚障害のある人に描かれているものを伝えるために、輪郭線や面を凸状に浮きあがらせたり、素材をかえて手ざわりを変化させたりして、描かれているイメージを触覚で伝えるツールです。触図を使った鑑賞は、絵画の内容を言葉で説明されることに比べて、描かれた
ものを自分のペースで探して、発見することができます。一方、視覚から触覚へ翻訳していく過程には、色をどのように表現するのか、描かれたものや絵の具の質感はどう伝えるのか、自分の身体よりもずっと大きな作品はどう体感してもらうかなど、いくつもの課題があります。
 こうした課題に対して、今回の展示では触図の制作者や視覚障害のある人に相談しました。作品を制作した作家に相談した触図もあります。相談しながらつくった触図は、大きさや作品の構造などを伝えるために、いくつかのアイデアを盛り込んでいます。

 これらの触図を使った触覚を通しての作品との出会いは、普段視覚だけで作品を鑑賞している人にとっても新しい体験になるのではないかとも考えています。そしてこの展覧会が、見えない人、見えづらい人を含めたいろいろな人たちにとって、より豊かな鑑賞のきっかけになることを願っています。

※展示室内のごあいさつ以外の文章は、「やさしい日本語」で書かれています。やさしい日本語は、外国にルーツのある人など、日本語に不慣れな人々に情報を伝えるために使われています。また、長かったり、漢字が多かったりする文章が得意でない方にとっても理解しやすい文章です。

※作家作品解説や触図の説明など、文字情報を点訳しています。

会期

2023年10月7日(土)〜12月20日(水)
※11月20日(月)〜11月22日(水)は休室

休館日

毎週月曜日
(祝日の場合は開館し、翌平日休館)

開館時間

9:30-17:00(入場は16:30まで)

会場

滋賀県立美術館 展示室2

観覧料

一般/540円(430円)
高校・大学生/320円(260円)

※( )は20名以上の団体料金
※常設展のチケットで展示室1、小倉遊亀コーナー、展示室2を観覧可
※中学生以下、県内居住の65歳以上、身体障害者手帳等をお持ちの方は無料
◎毎週日曜日は「木の家専門店 谷口工務店フリーサンデー」
常設展示をどなたでも無料で観覧いただけます。

主催

滋賀県立美術館

作品解説

PDFダウンロード(233KB)

wordダウンロード(23KB)
※読み上げ機能を使用される方はこちらをご利用ください。